熱と冷気に強い住宅

婦人

快適な生活を長く

北側に山地が広がる名古屋では、夏には熱い空気が停滞しやすく、冬には冷たい風が吹き下ろしてきます。つまり夏と冬との気温差が大きいということですから、名古屋では自然素材を使った住宅に高い需要があります。たとえば山林の樹木から削り出した無垢材や、海底や湖底から採取された珪藻土などです。こういった自然素材には、厳しい自然環境と共存してきたことから、暑さや寒さに強いという性質があります。熱や冷気を通しにくいので、これを使って建てた住宅は、気温の影響を受けにくいと言えます。そのため夏も冬も快適に過ごすために、名古屋では多くの人が、自然素材を多用した住宅を選択しているのです。また名古屋では、自然素材を使ったリフォームにも人気があります。たとえば床板や天井板を無垢材にすれば、その部分からは屋外の暑さや寒さが入りにくくなります。特に、リビングや寝室など過ごす時間が長い部屋では、自然素材リフォームが盛んに行われています。さらに自然素材には、合成素材よりも長持ちしやすいというメリットもあります。熱や冷気は、人の体だけでなく住宅にも悪影響を与えます。熱と冷気とを交互に受け続けることで、住宅はどんどん劣化していくのですが、熱にも冷気にも強い自然素材を多く使えば、その分良い状態が保たれやすくなります。そのため快適に暮らし、なおかつその生活を長く持続させるためにも、名古屋では自然素材を使った住宅やリフォームに高い関心が寄せられているのです。